リオへ向けたアジア最終予選が2015年9月に日本で開催

先日、やっとのこと、リリースとなりました。
 
ブラインドサッカーアジア選手権が、2015年9月に日本で開催されます(場所は未確定ステイタス)。
 
同大会は、2016年リオ・デ・ジャネイロ パラリンピックのアジア枠「2」をかけた最後の予選となります。決勝進出で、パラリンピック初出場。シンプルです。
 

f:id:eigo85:20150428202702j:image

 
前回のパラリンピックロンドン大会の際は、2011年12月に仙台市で開催しました。
グループリーグを上位2チーム以内で突破すればパラ進出、という条件の中、日本はグループリーグ最後のイラン戦で敗退を喫しました。
 
あれから4年。
競技環境は皆さんのお陰でだいぶ良くなりました。しかし、それは強豪各国も同じ、いやむしろまだまだ日本を上回っている国々も多い状況。
中国やイランは日本がパラリンピック自国開催になる以前からパラリンピックに力を入れてきており、どの競技でも「中国とイランは強豪!」と言っても過言ではない状況です。
 
そういう意味でも、日本は歴然とした「チャレンジャー」
皆さんの応援が支えてくれると信じています。よろしくお願いします!
 
国際大会の日本開催は、選手だけでなく、大会組織委員会としてもチャレンジです。
過去4大会開催し、昨年の世界選手権ではスタンドも建設して有料化に踏み切りました。
次の大会はそれを上回って!… というわけには、簡単にはいかないかな、と思ってます。
 
前回大会も多くの重要な課題に直面し、乗り切れたものもあれば、乗り越えることを諦めた問題もあります。
それらの課題はおそらく今回も課題であり、油断することはできません。
 
「世界選手権もなんとなくうまくいったし、アジア選手権は大丈夫!」
 
そんな認識は微塵もなく、大会開催にあたっても、一致団結が必要です。
 
コアスタッフの募集やボランティアリーダーの募集はもう少し先から始まります。
大会スポンサーの募集ははじまってます。
興味があるかたはぜひメルマガの登録フェイスブックのイイねで情報のキャッチアップをお願いします!(法人の方はお気軽に協会まで問い合わせを!)
 

f:id:eigo85:20150428202707p:image

 
大会がはじまらなくても、代表の月々の合宿や、各チームのサポートは不可欠です。
皆さんの小さなアクション、どうぞよろしくお願いいたします!
 
 
 
広告を非表示にする